歯のホワイトニングとインプラント治療どっちが興味ある?

あなたは市販歯磨き粉の歯のホワイトニング効果を実感したことがありますか?
歯磨きは普通にするでしょうが、歯を白くしたいという人に人気なのがホワイトニング歯磨き粉と呼ばれてるもの。あなたも白い歯には興味ありますよね。だったらホワイトニング歯磨き粉使ってみるのがいいですよ。

歯の根は、顎の骨に埋まっています。しっかりと一体化しているため、硬いものを噛んでも歯は簡単にはぐらつかないのです。
しかしこの根が折れたり、虫歯治療で失われたりすると、硬いものを噛むことは困難となります。失った歯の代わりに入れ歯を取り付けることは可能ですが、入れ歯は通常は歯茎への接着によって固定されます。つまり、元の歯のように顎の骨とつながってはいないわけです。そのため、硬いものを噛むと外れてしまうことがあります。

では歯の根を失った人は、二度と硬い食べ物を食べることができないのかというと、そうではありません。近年では、インプラント治療によって、義歯を顎の骨と一体化させることが可能となっているからです。
インプラント治療では、まずは歯茎を切開し、顎の骨を露出させます。そこに穴をあけ、ネジのような人工歯根を埋め込みます。骨には再生能力があるので、あいた穴はゆっくりとですが、塞がっていきます。人工歯根との隙間をどんどん埋めていくので、これにより人工歯根は顎の骨にガッチリと食い込んだような状態になります。

その上で、人工歯根にセラミックなどで作られた義歯を取り付けます。人工歯根が顎の骨と結合しているわけですから、義歯は簡単には外れません。そのため、硬いものでもしっかりと噛むことが可能となるのです。
こういったインプラント治療により、歯の根を失った人の多くが、煎餅や歯ごたえのある肉などを再び食べることができるようになっています。そのことからインプラント治療は、第二の永久歯を与える治療として注目されています。
ただし、高齢者など顎の骨が痩せ細っている人に対しては、通常の人工歯根を埋めることはできません。土台が薄いので、埋めてもスムーズに結合せず、外れてしまうリスクが高いからです。

したがってこのような場合には、顎の骨を強化する治療から行われます。本人の骨あるいは動物の骨を粉末状にしたものが、顎に移植されるのです。これを取り込むことで、顎の骨は徐々に厚みを増していきます。すると、人工歯根をしっかりと咥え込むことができるようになるのです。