伊勢丹の福袋

今年も少しずつ年末が近づいてきましたね。年末年始にはどこのショップでもセールをやることが多いでしょう。その中でも福袋は目玉になりますよね。福袋 伊勢丹というのは私の鉄板です。年明けの伊勢丹では、初日のオープン前からたくさんの人が並び、みなさんの目当ては福袋です。

そこで、私は福袋を作っている側の人間でしたので、福袋について詳しく紹介していきたいと思います。まず、私は昔福袋を購入したことがもちろんありました。その時に思ったことは、必要ないものが多いということです。やはり、中身が見えませんから、自分の趣味の欲しいものが手に入るとは限りません。また、服などはサイズが違ったりすることももちろんあります。そういうクレームが増えたからか、最近では中身が見える福袋というものも増えました。しかし、すべての中身が確認できるわけではなく、一部商品だけ見えるようになっており、全部は見えないというのがほとんどです。やはり、すべての中身が見えてしまうと良いものは早く売り切れてしまって、あまり人気のないものは売れ残ってしまうということが起こりますので、お店側も考えていますよね。

でも、少しでも福袋の中身が見えるというのは良いことだと思います。少なからず、自分の欲しい商品を選ぶことができるということですからね。私のお店でも選べる福袋を販売していました。しかし、選べるのは商品一点で、残りは見ることができませんでした。私のお店では、約3万円分の商品が3000円で購入できるという福袋でした。その福袋を100袋作ったのですが結果的にすべて売ることが出来ました。しかし、中身について交換してほしいという内容の相談は何件もありました。しかし、福袋のため交換することはできません。不良品の場合は交換できますが、これは欲しくない、いらないから他と変えてほしいという要望にはもちろん応えられません。なぜ、そのような要望が来るかというと、福袋に入っている商品のほとんどは、売れ残りだからだと思います。

季節外れのものもありますし、昨年のシーズンものもありますし、私はほとんど在庫処分のようなものではないかと思っていました。お店側も、昨年の残り物や全然売れない商品を、何とかして売りたいわけなので福袋に入れて安い値段だとしても、売れてほしいのです。もちろんすべてがそういうわけではありません。しかし、売れ残りを入れているお店は結構多いと思います。その経験を踏まえて、私はそれ以降福袋を買うことはなくなりました。福袋は安い値段で様々な商品が手に入るので、もちろん良い面もありますが、本当に必要なのかを考えて買うように心がけましょう。